2017年10月16日

小池百合子 都知事 実績

あまりにも批判が多い小池都知事。

就任してから1年強、いくらなんでも実績がゼロって事もないだろうと思って各方面を調べてました。

そこでやっと出てきた実績は
「世界都市ランキング」で東京が3位になった事が出てきました。
以下、抜粋

08年の調査開始以来4位が続いていた東京はパリを抜いて3位になった。
訪日外国人客の増加で文化・交流分野の評価が高まった。
1位は5年連続でロンドン。2位はニューヨーク。前年3位だったパリは、同時多発テロの影響で訪問者数が減ったのが響き4位に落ちた。



評価されたのは羽田空港の国際化など交通面。

ん?これって小池都知事とは関係ないような。。。

ちなみに世界都市ランキングというのは森ビルの森記念財団が発表しているランキングです。


就任1年くらいじゃこういうのには反映されないですよね。
でも小池都知事を支持している方がTwitterで嬉しそうに拡散していました。
リコールされないように頑張ってもらいたいものです。。。

個人的な本音は辞職して欲しいんですけどね。
選挙にもお金がかかるし。オリンピックまでに取り返しがつかなくなる事も心配です。



電球をLEDに交換するキャンペーンもまださほど浸透していないのか
年間目標100万個のところ、2ヶ月半で10万個と低迷しています。

電球自体がすでに減っているのと
利用しているであろう高齢者宅で交換できる人がいないのかもしれない。

細かい配慮が目標実現には今後、必要になってくるのではないでしょうか。

せっかく予算が組まれている事なので面倒でも交換できる人は交換したほうがいいと思います。



posted by 保守ねこ at 17:58| Comment(0) | 小池百合子 都知事

2017年10月14日

希望の党 公約 一覧

[希望の党] ブログ村キーワード

選挙戦真っ最中で各党の公約がメディアなどで取り上げられています。

希望の党の公約は画像の通り(公式サイトより)
kibounotoukouyaku.GIF

・消費税増税凍結
・議員定数、議員報酬の削減
・ポストアベノミクスの経済政策(ユリノミクス)
・原発ゼロへ
・雇用、教育、福祉の充実
・ダイバーシティ社会の実現
・地域の活力と競争力の強化
・憲法改正
・危機管理の徹底

そして、これの他に「希望への道しるべ」として12のゼロを掲げています。

kibou12zero.GIF

この中に今やり玉に挙がっている花粉症ゼロが入っています。
公約というより指標みたいなものですね。
人気を集めるためにこうしたパッと見、人受けの良い言葉を並べているという印象です。

ところで、希望の党の政策協定書に書かれていた「外国人参政権反対」の公約が今回掲げられていません。

これは何かの意図があってのことでしょうか?
左派を刺激しないという意図でもあるなら希望の党にリベラル派を排除する事はしなかったと思うし。

保守層と言われる人達の間でもこの件は疑問視されています。


希望の党が仮に大敗を喫した場合は党がなくなるのではとも指摘されているので
その場合、この話はどうなるか分かりません。
選挙後の動静がどうなるか、今から気になるところです。

小池都知事のリコールも囁かれるようになった昨今。
希望の党から出馬した人たちはどうなるのでしょうか。
落選しても700万円の供託金は戻ってきません(当たり前)



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


posted by 保守ねこ at 16:12| Comment(0) | 希望の党

2017年10月11日

衆議院選挙 2017

衆議院選挙に伴う選挙活動が10月10日からついに始まりました。

投票日は22日なので、前日まで選挙戦が全国各地で繰り広げられます。

希望の党もさっそく街頭演説に小池氏が臨んでいました。

「公務やれ」
という声が小池氏のツイ垢に投げられてて
同感の都民も多いようです。
私も同じ想いです。

さて、各党の立候補者数が出ています。

rikkouhoshasuu.GIF

小池氏率いる希望の党は235人です。
出馬数でいうと自民、共産についで三番目。

ここで、首班指名をしていない希望の党が大勝すると
万が一共産党の議席数を足して過半数を超えると
志位和夫が首相になる可能性もあるわけです。

小池氏は豊洲問題の時に共産党と手を組んだような人なので
可能性はゼロではありません。
これは非常に恐ろしい事です。

都議選の再来のような事が万が一にも起きたら
この国はいったいどうなるのでしょうか

この2つの政党はすでに選挙違反もTwitterで報告されています。

法を遵守する精神もない人たちが権力を持ったらと思うと恐ろしいです。
しかも選挙公約(マニフェスト)には違反罰則がありません。
つまり言ったもの勝ち。

こういうところから変えていく政党に一票を投じたいと思う有権者は少なくないのではないでしょうか。
一票投じるのが意思表示というけれど
守られもしない公約を読んで投票しても意味が無いという矛盾があります。

まずは選挙公約の罰則規定を設けるところから
日本の政治が変わるのではないでしょうか


posted by 保守ねこ at 13:56| Comment(0) | 希望の党